こころとからだの建築家BLOG

住まいの統合医療で50兆円にせまる医療介護費を半減させる!!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
プロフィール
心身が美しく健康になる場に住んでみませんか
〜生命が励起される統合医療建築論〜


【 講演テーマ 】 

・なぜ今の建築や住まいは病を治せないのか?

・なぜ仙人は山奥に住むのか? 〜場のエネルギーという視点

・心身を変える『7つのちから』

・神籬と磐座 
  〜樹木と岩盤のエネルギー感じる 〜味比べで体感実験!!

・日本神話の世界観で建築を読み解く。〜柱と螺旋

・50兆円に迫る医療介護費を「美しく健康になる場づくり」で半減する



【 概 要 】

「美しく健康になる場づくり」をした方の中には3カ月でアトピーが治ってしまった、末期のがんが進行しなかった、寝たきりの方の床ずれが治って介護の等級が下がったなどと生物としての基本的な能力が高まり、様々な病から解放された人たちがたくさんいます。こうした事例からも50兆円に迫る医療介護費の半減は「美しく健康になる場づくり」と「基本的な養生」で実現できると感じています。“住まいと健康”というテーマは建築に携わる方 や医療や健康・美容に携わる方だけではなく、すべての人に関係するものです。是非この機会に住まいと建築が心身に与える影響とその可能性を体感してみてく ださい。



【 プロフィール 】

こころとからだの建築家 / 生体エネルギー研究所研究員 / アトリエBambini事務局

1975年東京生まれ。明治大学大学院修了後、インテリアデザイン事務所、建築設計事務所勤務を経て2004年に独立。建築の本質的な可能性を求めて人間の心身の探究をはじめ、現在はみなさまの「心身が美しく健康になる場づくり」をお手伝いしています。現在は生体エネルギー研究所 佐藤政二氏に師事。

また誰もが自らの心身の声に耳を傾ける重要性を感じて、アトリエBambiniのワークショップ「人は、自分で自分を癒せる〜BODY WISDOM〜」を後援しています。


著書:『マイナスのデザイン』日本デザイン機構編(共著) 第四章「Kosmosの音楽を奏でる都市へ向けて」
「こころとからだが喜ぶ家」は世界を変える 健康で幸福に生きるための家づくり
http://kurucome.com/doc/2012/12/302

講演:明治大学、山口大学、FOS統合医療研究会、日本催眠応用医学会、モーニングアカデミア等多数


建築相談、講演依頼はこちらへ 
メールアドレス : info☆arch-i-tect.com(☆を@に変えて下さい。)