こころとからだの建築家BLOG

住まいの統合医療で50兆円にせまる医療介護費を半減させる!!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

六本木ヒルズ森美術館 −都心型美術館の果たした役割と今後の展開

0
     6/5で会期を終えた「ジョルジオ・アルマーニ展」に行ってきた。森美術館と森アーツセンターギャラリーは六本木ヒルズの52・53Fにあり展望台と同じ階にある。展望台に行くだけでも1500円。森美術館とのセットでも1500円。アルマーニ展は森美術館とは別階の森アーツセンターギャラリーでやっているので、全部セットだと1800円と値は張るが、内容としてはかなり盛り沢山でそれだけの価値はある。

     「老若男女に開かれた美術館を、東京のどこからでも見られる場所に作る」というのがこの美術館の開設趣旨だ。
    続きを読む >>
    DESIGN | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | -

    センスとは??

    0
       先日のかりゆしウェアとクールビズについてもう一言。
       環境省では「買いそろえた」と自信ありげな職員がいる一方「ネクタイを外せばいいんでしょ。しばらく様子を見る」と言う人も。ある中堅幹部は「役人は目立たないのが基本。本当はグレーずくめが一番いい」と漏らした。

       こうした、どぶネズミを肯定するような発言は、いまだに公務員という職業の悪い面が出ている気がしてならない。役所も今やサービス業でなくてはならない。サービス業の基本はサービス精神だ。「お客様を喜ばせてあげたい。」と言う気持ちに対してお金をもらっているとも言える。決して業務をこなすだけがサービス業ではない。
      続きを読む >>
      DESIGN | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

      沖縄のビジネス服−かりゆしウェア

      0
         こんな服装があるの知ってました?
         かりゆしウェアとは、沖縄で縫製されたものであることと、沖縄らしさを表現する柄であることが定義としてあげられ官公庁を始めてして、県内企業のほとんどが5月から11月まで着用しているビジネス服です。

         実は私はまだ沖縄に行った事がない。石垣とか竹富とかかなり魅力的なんだけどな〜と思ったらちょうどよく『Cruising Attitude』に入ってる「okinawalove」がかかった。このCDけっこう爽やかでオススメ!!
        続きを読む >>
        DESIGN | permalink | comments(3) | trackbacks(1) | -

        この伊勢丹のコピー最高→「恋が着せ、愛が脱がせる」 1989年 by眞木 準

        0
           mixiの[この広告に座布団1枚!]コミュで紹介されていたコピーをいくつか孫引き。このコミュ結構いい感じ。

          着やすい。つまり脱がせやすい。1978年


          ダイエットには、甘い恋を。1989年


          恋を何年、休んでますか。1989 年


          恋が着せ、愛が脱がせる。1989年


          四十才は二度目のハタチ。1992年


           これは全部、眞木 準氏が作った伊勢丹のコピー。

          「恋が着せ、愛が脱がせる。」

          がむちゃくちゃ気に入って、みんなにも教えたくなって書いてみる。研究者としては孫引きはよくないって教えられてるからちょっと書きにくいんだけど(笑)

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           お次はネスカフェのCMで使われた谷川俊太郎の詩「朝のリレー」

           詩って実はあまり知らないんだけど、文章で読むよりも朗読を聞く方がストレートに響いてくる気がする。この朗読と音楽も最高!!

          −−−−−−−−−−−−−−−−

           こうしたコピーっていいな〜と思っても書き留めたりしてないからいざって時に正確には思い出せない。これからは携帯ででもパシャッと記録しておこうと思う。

           
          DESIGN | permalink | comments(4) | trackbacks(1) | -

          30オトコがギャルファッション!?

          0
             実はここ10年近く ブルーデニムはほとんど履いていなかった。高校時代に買ったリーバイス505を手放して以来、黒系の服ばかり増えていった。建築家・デザイナーはなぜか黒を着る人がすごく多い。街を歩いていると、それが彼等の制服であるかのように一目でそれとわかる。それに影響されてか、それともそういう気分だったのかはわからないが、デニムのブルーにはしばらくご無沙汰にしていた。
            続きを読む >>
            DESIGN | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

            広告媒体としての“人”

            0
               マスメディア4媒体(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)にインターネット、これらにもうひとつ加えてもいいのではと以前から思っているものがある。それは媒体としての“人”である。
               
               一目でそれと分かる有名ファッションブランドがロゴをあしらったバッグや服を着こなし、今や歩く広告塔となっている人が街には溢れている。彼らは高い値段を出して人の名札を付けて歩く役を買って出ているのだが、これは立派な広告媒体の1つだ。しかしこうしたものを消費者に買わせるには、かなりのブランディング戦略がないとできることではない。ブランドのイメージを借りて自分をアピールするこうした人々に物を売るには、それなりのコストがかかる。安ければ売れるというわけではなく、安いから買わないという人も多いのだ。
              続きを読む >>
              DESIGN | permalink | comments(7) | trackbacks(0) | -