こころとからだの建築家BLOG

住まいの統合医療で50兆円にせまる医療介護費を半減させる!!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 相手を思う “もてなしの心” 〜ホスピタリティとコミュニケーションの相関 | main | 21世紀はどんな時代か? .ーワードは『Neutralニュートラル』 >>

『BLANK』から『BREAK』へ 〜“真の教育者”としての有森裕子

0
     前回のブログ更新から早9ヶ月。前回書いた時はまさかこんなに間があくとは思っていなかったのだが、この9ヶ月という時間が私に与えた影響は時計では計ることができない。それだけ密度の濃い時間であり、9ヶ月前とは明らかに違う自分がここにいる。自信を持ってそう言えることが今は何よりも嬉しい。そう思わせてくれた4人の恩人と全ての人に心から感謝します。

     これだけの間があいてしまうと、「書かなくてもいいや」という“諦め”と「書かなくてはいけない」という“焦り”が交錯してしまい、その交点を「書きたい」という“欲求”に移行させるためには何かのきっかけが必要になってくる。そのきっかけを与えてくれた一人は私のコーチングのコーチであり、もう一人はバルセロナで銀、アトランタで銅とオリンピックのマラソンで2つのメダルを獲得した“有森裕子”さんであった。有森さんの話を聞くことができたのは、尊敬する友人 庄子氏が主宰する『ソーシャルアスリート大学』の開講記念授業のおかげである。この講演から3週間近く経つが、その時の興奮はいまだに冷めていない。そんな素敵な講演をしてくれた彼女にぴったりの言葉がある。
    The mediocre teacher tells. 凡庸な教師はただしゃべる
    The good teacher explains.  良い教師は説明する
    The superior teacher demonstrates. 優れた教師は自ら示す
    The great teacher inspires. そして偉大な教師は心に火をつける
         ウィリアム・アーサーワード(19世紀英国教育哲学者)
     この講演の中で語られたのは、「五輪2大会連続メダリスト有森裕子の成功物語」ではなく、「おちこぼれ有森裕子の努力日記」だった。知識や小手先のテクニックを教えることが教育だとされている中、講演会という短い時間の中で自身の経験や体験を熱く語り、多くの人の興奮を生み出しモチベーションを上げる事のできるスピリットを持つ有森裕子こそ“偉大な教師”であり、“真の教育者”だと実感することができた。こんな素敵な有森さんと『キッズ・スポーツ体験キャンプ』を通じて接する事のできる子供達は心から幸せだと思う。その時は彼女の心意気を理解できなくても、子供達が大人になった時に確実に意味を持ってくるだろう。実際にそうした“偉大な教師”との出会いが「努力の人 有森裕子」を形作っていったことは彼女の実体験が物語っている。

     そんなエネルギーに満ちた素敵な有森さんの講演の中で、
    『BLANK(空白)』『BREAK(息抜き)』の違い
    というエピソードがあった。
     怪我をしてしばらく練習ができない期間があると日本では「『BLANK』ができちゃったね」といわれたが、外国人選手達には「いい『BREAK』ができたね!!」と言われて、思考の違いを感じたという。
     『BLANK』ととるか『BREAK』ととるか、この違いは精神的にかなり大きい。これはスポーツに限ったことではなく、仕事でも習い事でもずっと続けていることをしばらく休むと、再開した時にぐっと成長していることがままある。スポーツであれば一時的に体を休めるという効果もあるが、一度その“対象”から距離を取ることにより、“対象”を俯瞰できるようになることで上達することもある。しばらく頭を切り換えて精神的なリフレッシュをすることは脳科学的にも有効で、速読などにおいてもこの効果がかなり活用されている。なによりも、『BLANK』というネガティブイメージとるか『BREAK』ポジティブイメージと取るかで、その時間に対する意識も全く反対の評価となってしまう。このちょっとした意識の差が積み重なればとても大きな結果として表れてくる。

     この9ヶ月のblog『BLANK』も私にとってとてもいい『BREAK』だったと思えたから気負わずにこうして書くことができている。以前のように3000文字を超えるような文章を毎回書こうと思うと尻すぼみしてしまうのだが、『BREAK』のあとは夏休みらしくラジオ体操から始めることとして、徐々にペースを上げていこうと思う。

    『BREAK』というとまず最初に思い出すのが
    Have a break,have a KitKat.』

    大好きなキットカットにあやかって
    『Have a break,have a lovely days!!』

     それではまた9ヶ月後!!(笑)

                         (08.08.26加筆修整)
    PEOPLE | permalink | comments(3) | - | -

    この記事に対するコメント

    久しぶりにのぞいてみたら更新されていて嬉しかったです。
    BLANKとBREAK、考え方でその後の生活がずいぶん変わってきますよね。
    4歳と2歳の娘は常にポジティブに物事を考えていて頼もしいなと思います。
    キッズキャンプ、参加できたらその子どもの人生に大きな影響を与えるでしょうね。
    のぞみ | 2008/09/27 9:41 PM
    お久しぶりです!
    いいブログBREAKできたみたいですね。
    有森さんってそういった方面で頑張ってらっしゃるんですね。子供たちは凄い経験をしたんだろうなぁ。
    kimi | 2008/08/27 10:28 PM
    ニュースなどでこころの問題で会社にいけなくなる人が、多くなっていると聞きます。実際、私自身も似たようなことはあったし、周りの知人友人にも何人かいます。
    仕事を長期に休むとき、私は「大人の夏休み」と捉えていますが、本人にとってはそう気楽なものにはならないようです。まじめ(?)な日本人がBREAKできるためには、社会がBREAKを認める環境にならないと難しいのかもしれませんね。そうなれば、不具合が生じる前に「夏休み」できそう。
    きねのん | 2008/08/26 9:54 AM
    コメントする