こころとからだの建築家BLOG

住まいの統合医療で50兆円にせまる医療介護費を半減させる!!
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 浄水器を通した牛乳は水になるか?- ナンセンスを楽しむセンス | main | 読書を習慣にしても無駄じゃない?〜読書週間に考える >>

個人情報と匿名性 −情報を出さないデメリット−

0
     平成15年5月30日に個人情報保護法が成立して早2年が経過し、我々もちょっとした場面で多くの個人情報の扱いを明示した文章をみかけるようになった。しかし、ネットでの個人情報流出のトラブルは増え続け、実際にそうした謝罪が届いたり、私のように見知らぬ請求書が届いたり等ということも多くの人が経験しているのではないだろうか。大企業ではISO基準の個人情報保護に対応するためにかなりのコストと規制がかけられ、例えば顧客情報が少しでも入った資料をデスクの上に置いたまま帰宅するだけでも始末書ものだという。設計事務所で言えば、住宅等の図面も個人情報の塊だから、きちんと管理しなくてはダメだと営業に来た女の子に私もお叱りを受けてしまった。

     一方、そうした個人情報保護に対して過剰反応な部分も多く見られる。この法律自体が過剰反応という声もあるが、特に個人レベルにおいては、安全側を取り“情報はなるべく出さない方がよい=匿名性が高い方がよい”という思考が先行し、情報を「出すことのメリット」と「出さないことのデメリット」という視点がまだまだ欠けていると思っている。

     ここで個人情報保護法の概要を見てみよう。
    第1章 総則
     1 目的(1条)
    高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大
    → 個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護

     2 定義(2条)
    「個人情報」…生存する個人に関する情報(識別可能情報)
    「個人情報データベース等」…個人情報を含む情報の集合物(検索が可能なもの。一定のマニュアル処理情報を含む)
    「個人情報取扱事業者」…個人情報データベース等を事業の用に供している者(国、地方公共団体等のほか、取り扱う個人情報が少ない等の一定の者を除く)
    「個人データ」…個人情報データベース等を構成する個人情報
    「保有個人データ」…個人情報取扱事業者が開示、訂正等の権限を有する個人データ

     3 基本理念(3条)
    個人情報は、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものであり、その適正な取扱いが図られなければならない。
     この概要から引用すれば「個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護」の「個人情報の有用性に配慮しつつ」というところが抜け、「個人の権利利益を保護」というところのみを拡大解釈しすぎているところが多々見られる。その一例が、ネット上における匿名性についての傾向だ。

     一言でネットと言っても、いろいろなサービスや形式があるが、ここではSNS(Social Networking Service)における個人情報を例に挙げてみる。

     まだmixiとGREEの登録者が大差なかった1年半ほど前、ブログでmixiとGREEの匿名性について書いた(記事はこちら)使い勝手やエンターテイメント性、アダルトサイトの有無、集まる人の種類などの違いはいろいろあるのだが、私はその匿名性の高さゆえにmixiが今後伸びていくと予想した。そして今のところ予想通りの展開になり、GREEよりmixiの方が匿名性が高く、登録者数もmixiがGREEに大差を付けている。(2006年8月現在の会員数はmixi約500万人、GREE約35万人)

     そうした匿名性の高いmixiの方に人気が集まる中で、果たして実名を隠さなければいけない理由があるのだろうか?と思いながら私は実名を公開している。
    「出さなくていいなら出さない。」
    「なんとなく出さない方がいいような気がする」
    と言うような気持ちは理解できる。そうした実名を出さない人が多いと、理由は関係なく雰囲気的に実名を使う人が少なくなるのも事実だ。みんなと一緒である安心感や安パイを取るというのは妥当な選択なのかもしれないが、もともと誰かの紹介がないと入れないシステムになっており、リアルな知り合いがいるはずなので実名を隠す意味はほとんどないし、逆にニックネームだとわかりにくい。まだネットでのセキュリティ環境も発展途上で確立されていない現状もあるが、実名すら公開しないというのは個人情報について過剰反応なのではないか?と思うのだ。サイト上で住所や電話番号を公開されているわけではないし、クレジットカードの番号を記入するわけでもない。日記も友達以外非公開にもできる。さらにメールもmixi経由でしか送れないので、送り主を特定できるし嫌なら拒否できる。個人的に被害を被りそうなところには様々な対策がすでに取られている。ブログ上で人の名前使う場合はニックネームにしたりする配慮は理解できるが、自分個人の情報をそれほど隠す理由があるとすれば、“誹謗中傷をする場合”や“アダルトサイトを利用したい場合”など言論の責任を回避するような場面しかしか思いつかないのだがいかがなものだろうか?それとも得体の知れないミステリアスな人というイメージを作りたいのだろうか?

     ここでは一例としてSNSにおける実名・ニックネームだけの情報ではなく、その人についての様々な情報を「出すことのメリット」「出さないことのデメリット」をいくつか挙げてみることにする。

    ■実名を出すことによって、思わぬ再会ができる。
     (実際mixiやGREEで連絡が途絶えていた友人や幼なじみ、小学校の同級生と再会できた ニックネームだと誰なのだかわからないのでこうしたチャンスもなくなる)

    ■自分をアピールする場と思えば、経歴も含めなるべく多くのことを書いた方がよい。
     (現在でも多くの人が名刺代わりに有効活用している 実際私も自己紹介を読んで興味を持ってくれた人と新たなつながりができたりしているし、面白そうな人にはこちらからコンタクトを取ったりしている)

    ■同じニックネームの人がいて紛らわしい。
     (実名も公開している人も含めて、私のマイミクにはヒロさんが3人 タローさんが2人いる)

     経歴や生年月日などの公になるような個人情報は調べようとを思えばいくらでも調べられるので、そうしたことを隠す意味はあまりない。それならむやみに隠すのではなく、公開したいものは積極的に公開してツールとして有効に使う方が理にかなっている。

     『ウェブ進化論』にて梅田望夫氏が、日米ブログ比較を行っていたが、その中で“実名で自己主張するアメリカ”と“匿名で書く日本”という日米の文化のにおける相違を書いている。自己主張をして存在を主張する文化と、周知のことは暗黙の了解としてしまう文化の違い。こうした文化的な違いはblogだけにとどまらず、あらゆる場面で表出し、SNSの匿名性とも同期している。

     個人情報保護法による過剰反応が落ち着き、情報を「出すことのメリット」「出さないことのデメリット」を吟味できるようになるまでにはもう少し時間がかかるかも知れない。しかし出さないこと以上に得るものがある。もともとリアルな関係をサイト上に反映させるというのがSNSの特徴なので、SNSサイト側も実名利用を推奨しており、今後実名利用によりサイトがさらに有効利用されるのは確実だと思う。(そのわりにmixiではマイミクとして表示されるのはニックネームで使いにくい。これはサイトの意図と反するので再考の余地がある)

     誰に見せるわけでもなくつれづれなるままに書きたいから書くだけのものは論外だが、匿名だから気楽に書けるというのでは自分の意見に責任を持っていることには決してならないし、そうした意見には実名で書かれたものほどの説得力はない。新聞記事でも署名がある記事とない記事とでは、かかってくる責任もかわってくる。

     政治の世界にも目を向けてみると、薬害エイズ問題、天下り、道路公団や防衛施設庁の談合などなど、どんなにひどい政策を立案しても懲戒免職されても官僚の名前が公開されないような日本の官僚の匿名性による組織的な責任逃れが、個人情報保護法でその壁がより厚くなったという。(参考『この国を、なぜ、愛せないのか~論戦2006』櫻井よしこ

     話が大きく飛躍してると思うかも知れないが、ネットはネット、リアルはリアルというようにうまく使い分けができるほど人間は器用ではないのだ。日本の政治における悪い意味での匿名性の文化は政治だけにとどまらずあちらこちらに残っている。そしてこうした匿名性をたてに言論における非常識な責任逃れをするような事はネット上ではさらに容易に展開できてしまう。報道の自由というスタンスを貫くような立場なら匿名の重要性は理解できるが(参考「きっこのブログ」メディアでは報道できないような既得権益に左右されないいろんな裏話満載)個人レベルの情報においては、匿名性はほとんど意味をなさないというのが私の今の結論だ。

     反論されようと自らの言動に責任を持つ文化をきちんと育てていくためにも、ただでさえ匿名性の高いネットでの匿名を助長するような環境は変えていくべきだと思っている『この国を、なぜ、愛せないのか~論戦2006』において櫻井氏はこう書いている。「匿名社会とは、誰も責任を取らない社会の出現を意味するのだ。」と。


     



    その他に気になった個人情報保護法の概要
    ・報道を目的としている場合適用されない
    ・死者の個人情報は法律の対象外


    CULTURE | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    個人情報ってどーなのーって感じることが最近よくあります。

    先日ニュースで、私書箱を利用する人が増えてるというのがありました。たとえば、オークションで購入して商品を送ってもらうのに、自宅は教えず私書箱に送ってもらうのだとか。・・・なかなかいい商売になりそうだなー。
    病院の仕事の中でも(当然法律の施行前からだけど)個人情報保護は必要不可欠なキーワードで、最近は職員が個人情報保護に関する知識を有しているかどうかは、監査を受けるときの大事なポイントになります。

    さてSNSの実名についてだけど、私はひらがなで本名にしています。古い知り合いにばったり出会えたりするのは楽しいけど、知り合いに出会いたくない人もいると思うんだよね。例えば、別れた彼女、いじめていた相手、気の合わない同僚など。
    ミクシィについて8月24日の朝日新聞文化面に記事が出ていました。「ミクシィでは顔の見えるつながりが、穏やかな人間関係を生む要因になっている」とのこと。同記事で山岸俊男北大教授(社会心理学)は 「自分が何者であるかを表現する手段としてSNSは有効に見える。見知らぬ者に自分を広く開示することで、自分の相対化の実験ができる。損得がなく、いつでも脱会可能なだけに、どこまで本気かはわかりませんが」と話している。
    実名の表記や情報の充実により顔が見えるつながりが持てるけれど、実名で載せようが仮名だろうが、“いつでも脱会可能”なことに変わりはない。顔が見えるつながりの中でも、ご近所づきあいとはまったく違う。ご近所は脱会できないから責任があって、だからうっとうしく感じる人も多いんじゃないかな。
    名前の形態によらず、その本人がミクシィを利用する目的が達成されればいいのではないかと思います。

    死者の個人情報は対象外というのは驚きました。まだまだ死ねないなー。
    きねのん | 2006/08/28 5:27 PM
    mikiwoへ
    異文化の中でいろいろ経験できて勉強になるね(^^)
    日本の女子が外国人にモテるのは、外国人女性ほど自己主張が強くないからというのもどうかと思いますが、ワールドワイドな自己主張?を身につけて来てください!!

    サワイへ
    >自己主張とか、発言に責任とか言われると、恐れ多い感じがしちゃうけどね☆

    たしかに恐れ多いこと書いてるわな
    気軽に楽しくSNSを使ってる人には大袈裟な〜と思われそうだ(^^)
    じゅんぺい | 2006/08/23 4:51 AM
    自分がmixiでも、ブログへの書き込みでも、実名(カタカナだけどね)なのは、その方が書きやすいから。かな。。

    一時期(1時間くらい)HNをヘンテコなのつけてたけど、なんかだめだった。自分じゃないみたいな感覚が寂しかったよ。

    自己主張とか、発言に責任とか言われると、恐れ多い感じがしちゃうけどね☆

    自分の場合、実名の方が気楽です。
    サワイ | 2006/08/22 11:31 PM
    ほんとうに。
    NZのひとと接してて、最近特に自己主張の必要性、自分の発言、行動に責任を持つことの大切さを感じています。日本人同士ならなんとなく、感覚で、で済ませてしまうところを、何がいいたいの?どうしてそうしたいの?と、はっきりすることをいつも求められます。お互いにお互いをきちんと理解しようとすればするほど、はっきりと、そして責任を持って自分を表現する必要がある、と。そうすることで信頼関係も築いていけるのだと実感します。
    mikiwo | 2006/08/21 10:07 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://jpo.arch-i-tect.com/trackback/564334
    この記事に対するトラックバック