こころとからだの建築家BLOG

住まいの統合医療で50兆円にせまる医療介護費を半減させる!!
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エイジングとアンチエイジング | main | IKEA(イケア)ついに日本上陸!!part2 −スウェーデンの文化大使企業 >>

IKEA(イケア)ついに日本上陸!!− 朝一でオープンに駆けつける

0
     
     昨年IKEAについての記事を書いてから早4ヶ月。とうとうオープンの日がやってきた。明け方まで仕事していたにもかかわらず、イベント好きな私はオープンに駆けつけるべく9時に南船橋に到着。記念すべき日本1号店36番目の客として、10時から18時まで8時間、目眩するほどの混雑の中、延々と果てしなく広大な店の中を彷徨い続けた。

    ■ スウェーデンのナショナルカラーをそのまま建物の外観に使った店舗デザイン

     来訪の目的は3つ。
     1 進行中のプロジェクトで使える家具や照明、アートワーク、小物の下調べ
     2 自分の部屋の雑貨類を買いそろえるため
     3 そして最大の目的は「世界ブランドランキング」において、アップル、グーグル、スカイプ、スターバックスなどに続いてトップ5の常連入るほどのスウェーデンのグローバル企業がどんな思想で店舗を作り、家具を売るのか、そして日本のマーケットにどんな風を吹き込んでくれるのか見るためであった。

     そしてこれらの目的は8時間の滞在でも飽きることがないくらい十分に達成することができた。詳細は後に次回に回すとして、今日はいくつか感じ取ったキーワードを列挙してみる。

    ■ グローバル企業であり、スウェーデンの企業であることの誇り 

    ■ 家具やその周辺のものを売りながら、肩肘張らない『生活』を楽しむ雰囲気

    ■ 「見せる空間」と「買い物をする空間」の分離と連動

    ■ 家具のシリーズ化、パーツの規格化

    ■ 生活の中のDIY

    ■ 大人から子供まで誰もが楽しめる店舗展開

     上記の6項目をざっとあげてみたが、これらの詳細はまた追って写真入りで報告する。

     500人ものスタッフを抱えるこの店のオープン、しかも日本第一号店、さらに既存店からのヘルプは皆外国人。研修不足、連携不足、英語力の不足によるコミュニケーション不足など悪い点を指摘すれば改善の余地はかなりある。しかし、それ以上にこれだけのものを作り上げた成果は素晴らしい!!商品だけ見るのであればカタログでもいいのかもしれない。実際、品質だけ見れば日本のほかの家具屋にいけばもっと作りのしっかりしたいいものも手にはいるし、デザインもよりモダンなモノも手に入る(もちろん価格もだいぶ上だが)しかしIKEAは家具や内装にあまり手を入れない(システム上入れにくい)我々に安くてもいいデザインのモノを自分で手間暇かけて工夫することにより“肩肘を張らず”に『生活』を楽しめることを証明してくれている。それよりもなによりもカタログで見ることのできるモノ以上に、実際に店舗に行かないと感じることのできない“異国の文化の誇り”を肌で感じに是非足を運んでみて欲しい。きっと様々な分野で参考になるはずだ。そしてここで是非感想を残してください。楽しみにしています!!


    DESIGN | permalink | comments(4) | trackbacks(1) | -

    この記事に対するコメント

    こんにちわ。

    確かに日々のあったことを文章化することは大切ですね。

    私もこうやって、ブログをつけて自分の考えや見たもの、感じたことを残すことができたらいいですね。

    人の人生は紆余曲折、らせん状に進んでいくと答えた方もおりました。

    少しずつ、前に進めたらいいです。

    そして、いい女性として生きて生きたいです。
    *buru* | 2006/04/25 1:16 PM
    割に近所に住んでいる姉からのレポートでは
    混雑っぷりが強調されてたけど
    行ってみないとな。
    こうなると、ちょっとしたレジャー感覚だわね。
    ツチヤン | 2006/04/25 9:42 AM
    さすが!!
    初日に乗り込むとは!!
    脱帽です。
    あ〜アタイも早く行きたいな。
    そういえば、ホットドッグはありましたかな?
    セルフで焼いた!?(笑)
    coo | 2006/04/25 8:22 AM
    もう行ったの!あたしはこんなに近いのにまだいけてません。
    IKEAのワンパッケージ&すぐお持ち帰りOKの精神やすばらしいと思う。反面、質的にどうなのか、ある意味買い捨てを推奨してしまわないのか、その点実際に物を早く見に行きたい。
    あと商品タグによる説明要らずの売り方というのも興味津々。
    少し前に郵便受けにカタログが入っていた。(ビニル包装も無し。むき出し。)
    それ以前のちらし等宣伝は何もなし。(知らないだけかしら)その強気の姿勢や良し。

    カタログ見る限りではデザイン的に購買年齢層狭そう?
    まずわが親は買わないかも・・。これも要チェック。
    でもでも長く繁栄することを祈る!

    まき | 2006/04/25 8:14 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://jpo.arch-i-tect.com/trackback/497378
    この記事に対するトラックバック
     おはようございます。ついに、あの「IKEA(イケア)」が日本再上陸しました。 ? 世界最大級の家具店、イケアの日本法人、イケア・ジャパン(千葉県船橋市、トミー・クルバーグ社長)は24日、日本進出1号店「IKEA船橋」をオープンした。店舗面積4万平方?
    No.301:「やさしさ」と「きびしさ」 | !? びっくり&はてな | 2006/04/25 8:48 AM