こころとからだの建築家BLOG

住まいの統合医療で50兆円にせまる医療介護費を半減させる!!
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 都内に事務所開設〜不動産探しのあれこれ | main | iPod nano 一押しケース!! >>

IKEA 来春日本再上陸 〜日本のインテリアを面白くできるか

0
     家具やデザイン好きの人が来年のIKEAオープンを前に買い控えに入っている。
     前回、IKEAが参入したときはまだ日本のインテリアに対する意識が熟していなかったのと、アクタスと共同出資だったため、うまくいかずに撤退。今回は上海に一大拠点を作り、横浜・船橋・神戸と港町に巨大店舗を単独出資で展開することにより、前回のリベンジを計ろうとしている。

     スウェーデンに本社を構えるIKEAは日本ではまだ馴染みがないかもしれないが、「世界ブランドランキング2004」において、アップル、グーグルに続いて3位に入るほどのグローバル企業である。

     日本における競合はニトリだと言われている。しかし、北欧デザインの本場のIKEAと、まだまだ未成熟なインテリア文化しかない日本のニトリではまだまだ差がありそうだ。実際に日本における商品展開と価格を見ないと分からないが、海外のカタログや商品展開を見ると、ニトリも日本市場だけ見れば健闘しているのだがまだまだ60年以上の歴史を持つIKEAと長いインテリアの歴史を持つ欧州に太刀打ちできていない。

     IKEAはオリジナル商品を、企画・生産から販売まで一括して行っているSPA(製造小売業)企業である。企画・生産から販売まで全て自社管理のもとに行うことにより、収益を上げていくシステムはファッション業界では同じスウェーデンのH&Mやユニクロのシステムと同じだ。イメージ的には大塚家具も巨大店舗としてのテイストは近いが、寄せ集めの商品を売るだけでは収益も落ち、強力なブランドイメージも作ることができない。こちらはブランドというよりも流通業者的な役割の方が大きい。商品数が少なくデザインテイストも違うが、無印良品あたりは競合になりそうだ。無印良品もそう安くはないのだが、今までデザインがよくて低価格というモノがなかったからMUJIに流れていたと考えれば、シェアがIKEAに流れてもおかしくない。このほかにはフランフランや通信販売のディノスあたりもシェアが食われていくと思う。このように見ても国内のインテリア業界では単一ブランドで低価格インテリア用品を扱う企業は少ない。そうした状況もあり今回のIKEA上陸はインテリア好きの注目の的となっている。

     先日IKEA日本上陸の話をCAの友達に話したら早速シンガポール店でたくさん買い込んできた。土産にカタログをもらってきてくれたのだが日本で待ちわびてる私からすればかなり悔しい(笑)参考までにそのタログからコーヒーテーブルを見てみよう。

     1シンガポールドルは約70円 左上の黒いテーブルで約5460円 その下の格好良さげな黒いテーブルで約10360円
     この価格はドンキホーテやニトリの安物のレベルだが、デザイン性と質は比較にならない。



    日本は、「自分のことは自分で」より「時は金なり」が優先されてる文化だと思う。
    ある意味、ヨーロッパより効率を重視していると言えよう・・・


     上記の意見は顧客側から見た効率重視という意見。
    これを企業側から見れば、低価格とするためにサービスは必要最低限にする効率重視。自分で商品のパーツを集めて行くようなシステムも企業の論理に乗っとっている。
     ともに効率重視にはかわりないが、サービスにはそれなりのコストがかかり、それはそのまま商品の価格に反映する。現代経営の根幹である顧客至上主義の顧客意識を「効率的な買い物」におく日本人と、「多少効率は悪くても低価格」におく欧米人と見れば、その文化の違いが見えて面白い。ガソリンスタンドのセルフサービスがあまり普及しなかったのは、セルフにしても価格があまり変わらなかったのもあるが、サービスに対してお金を払うという意識が少ない日本文化と、サービスに対してチップを払ってきた欧米文化との差が大きく出ていた。物質的なモノに対してはお金を出しても、物質的に見えないもの(サービス、デザイン、設計)に対してはお金を出さない日本の感覚は、我々、建築やインテリアデザインをするものにとって大きな壁となって立ちはだかっている。

     私個人の意見とすれば、「多少効率は悪くても低価格」という意識を日本にももっと持ち込んで欲しいと思う。ここでの意見は企業の論理ではなく、ものづくりをする立場の論理という点だけ断っておく。何でもいいから安いモノが手に入ればいいと考える人よりも、時間と手間暇をかけて手に入れ、自分で組み立てることにより愛着が生まれるような考え方の方がモノに興味がある人にはしっくりくる。自分でつくった服や家具はどんなによくできた既製品よりもカワイイものだ。企業の論理で日本のマーケットを考えると、ある程度のわかりやすさとサービスが必要になってくるのだろう。今回の日本上陸でその点をどう考えているのかは興味深い。

     インテリアや家具に興味のある若い世代が増えてきている今、IKEAにとっても日本上陸はチャンスだ。インテリアの文化は適当に家具やアクセサリーを買って配置して終わりではない。それらをコーディネートし、使いこなし、自分に合った空間に仕立て上げてこそ成熟した文化となる。それはファッションとしての衣服と同じだ。インテリアは家具やアクセサリーだけではなく、建物の内装ももちろん含まれる。そうなれば賃貸物件の内装変更も了解されるようになってくるだろう。空間としてのインテリアという意識は確実に衣服とも連続してくる。衣服がファッションとほぼ同義に使われているのと同じで、日本におけるインテリアもファッションとなっている。衣食住のファッション化。その底辺を作るインテリア界の真打ちがIKEAになり、日本のインテリア業界に新たな風を吹き込んでくれるものと期待している。

     どちらにせよ、ザウス跡地に来年春できる船橋店オープンが待ち遠しい。



    DESIGN | permalink | comments(9) | trackbacks(2) | -

    この記事に対するコメント

    > cooちゃん
    カタログにもホットドッグ載ってるんだよ(^^)
    ホットドッグもIKEA価格だったら嬉しいな〜セルフで自分で焼くシステムだったり(笑)

    もちろんオープンは初日にいくでしょ?(^o^)
    じゅんぺい | 2006/01/05 6:19 PM
    IKEA!!
    ロンドン時代にお世話になって
    その安さとかわいさに感激したんだよ〜!!
    一日いても飽きないのよね。
    出口にあるフードコーナーのチープな
    ホットドックがなぜかとてもおいしかったの。
    あ〜楽しみだな!!
    coo | 2006/01/03 10:48 PM
    >juni さん
    スウェーデンという小さな国からいくつものグローバル企業が生まれているのは、最初から世界を相手にしないと国内だけではマーケットが小さすぎるのが理由らしいです。そうした中で説明書もビジュアルで見せることができれば何カ国語も書かれた文章を簡略化できるし効果大ですね。これからの日本の企業もお手本にしたいですね。
    じゅんぺい | 2005/12/30 2:35 PM
    IKEAは安くてそこそこかっこよくていいですよね。
    ヨーロッパで買うと
    文字がほとんどない、絵だけで全てわかるようになっている組み立て説明書がついてきます。
    これがまたちょっとカッコヨイ。
    それぞれ言葉がちがうヨーロッパの国々で
    誰にでも簡単に組み立てられるようにと
    グラフィカルな表現が発達したのでしょう。
    juni | 2005/12/30 2:02 AM
    >池さん
    ご名答!!元ネタは池さん記事でした(^^)
    昨日書いたときにブログにコメントしたつもりだったんだけど、途中で終わっていたみたい。
    失礼しました。
    じゅんぺい | 2005/12/29 11:12 PM
    「わ!同じ時期に同じネタ!!」・・・と、思ったら、
    「もとネタ私の記事??」
    じゅんぺい??さんの脳に刺激を与えられて光栄です〜(笑)
    記念にトラバさせてもらいました♪
    池さん | 2005/12/29 10:59 PM
    >りーさん
    実家ならすぐ近くなんだけどな〜りーさん歩いていけるね(笑)

    >RICAメイポーザー5世 さん
    ローンチって株式用語だったんですね
    勉強になりました(~_~;)
    じゅんぺい | 2005/12/29 10:26 PM
    こんにちは!
    IKEA上陸期待しています。
    今度はうまくローンチするといいですよね。
    RICAメイポーザー5世 | 2005/12/28 2:41 PM
    横浜の梅田橋(?)交差点付近に
    建ててたのは、それだったんだ〜。
    建物の上の看板が妙に大きくて、
    何のお店だろうって、思ってた。
    謎が解けたよ。
    りー | 2005/12/28 1:02 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://jpo.arch-i-tect.com/trackback/410195
    この記事に対するトラックバック
    こんにちは、Aです。先日のブログにIKEAが南船橋にオープン予定との話題を書きました。その後、2006年4月24日(月)にイケア船橋店としてOPENが決まったようです♪ 現在、オープニングスタッフの募集をしているようですので、求職中且つIKEAにご
    IKEA船橋店、4月のOPENが決定! | 柏・松戸・東葛エリアのくらし生活情報サイト | 2006/01/05 1:17 PM
    今日、旦那の友人夫婦の家へ忘年会&打ち合わせのために行った。戸塚辺りにある彼らの家に行くには第三京浜にのらなくてはならない。その第三京浜に向かっている途中、巨大な建築中の建物を発見。「IKEA」看板にはそう書いてある。(看板は完成していた)IKEAって、あのIK
    IKEA | こころのつぶやき | 2005/12/29 10:57 PM