こころとからだの建築家BLOG

住まいの統合医療で50兆円にせまる医療介護費を半減させる!!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 言葉にする事の難しさ 〜特許申請を通して | main | IKEA 来春日本再上陸 〜日本のインテリアを面白くできるか >>

都内に事務所開設〜不動産探しのあれこれ

0
     30歳になったのを期に事務所兼自宅を都内に10月開設した。学生生活が長かったのと、設計事務所時代はあまりの薄給に一人暮らしもままならなかったのもあるが、仕事や今後を考えると今出るのは得策ではないと思いながらこの年までずるずると実家に世話になっていた。友人とも「通える場所に実家があるというのは独立するきっかけが少なくてなかなか出にくい。」と話していたのだが、念願の事務所開設&一人暮らしが始まってもうすぐ2ヶ月が経とうとしている。

     この春から不動産屋を回り始め、9月になって本格的に物件を回り始めた。内見した物件はじつに35件。不動産屋も20件近く回っただろうか。これまでこんなに多くの物件を見て回る機会はなかったのでかなり勉強させてもらった。不動産業界の仕組み。建築基準法の矛盾。都内の生活環境と高家賃。あまり知らなかった場所へも足を伸ばし、いろいろな街を見た。

     初めての不動産探しということもあり、大手の不動産仲介業者から地場の小さな不動産屋まで手当たり次第回ったのだが、基本的に不動産屋の情報源はどこもほとんど同じだという。自分のところで扱っている物件以外の仲介物件は、ほとんどの90%の業者が登録する不動産業専用サイトからの情報の引っぱりありで、仲介メインの大手業者では同じ条件で探してもらうと出てくる物件もほとんど同じということになる。あとは担当者の善し悪しでいい物件が出てくるかがきまる。

     インターネット(フォレントなど)でかなり量を見ていたが、こうしたサイトに出ているオイシイ情報はほとんどあてにならない。不動産屋に電話をかけても「もう決まってしまった」といわれるのが落ちだ。こうしたオイシイ情報をエサに電話をかけさせ、そこから別の物件を営業していく手は不動産情報誌がインターネットに変わっただけで何も変わっていないという。たまにオイシイ物件があったりするが、なにかしらのマイナスポイントがある。敷金・礼金が安いのも条件が悪いから安くしている、もしくは敷・礼なしの物件も家賃に上乗せしているだでけトータルで考えると変わらない。オーナーとしても好んで安く貸す必要はないのだからマーケットプライスで設定するのは当然といえば当然だ。

     事務所兼自宅ということもあり、生活環境にはこだわった。会社勤めで家にはほとんどいないならまだしも、日中も家で仕事する時間が多いので、陽当たりや風の通りが欲しかった。横浜の実家はマンションの5階最上階なのだが、丘の上に建っており東・南面が保存緑地になっていて、東京タワーやベイブリッジ、空気の澄んだ日には房総半島まで見渡せた。しかも最上階の特権で屋根勾配に沿って4m近い天井があり、EVなしの5階という条件をのぞけば生活環境は抜群だった。さすがにここまでの条件を都内で安い家賃で見つけることはできない。しかしいくつも物件を内見するうちに実家にあった“眺望”を重要項目として考えている自分がいることに気づいた。「空が広くないといや」だったのに気づいたときは自分の育った環境が与える影響の大きさにあらためて驚いた。

     最後には「眺望・陽当たり抜群、駅近(5分以内)、1DK(35-40崢度)、角部屋、汚らしくない外観・エントランス10万以内」という条件はほぼ満たす物件を見つけることができた。しかし、これはインターネットや不動産屋の情報から見つけた物件ではない。結果的に大学の先輩が住んでいたマンションの上階に決めることになった。同じく建築で独立している先輩の部屋を見せてもらい、その上階が空いていると聞くやすぐに不動産屋に連絡し、翌日の内見の約束を取り付け、そのまま決めてしまった。築33年の古い賃貸物件なのだが、管理がすごくしっかりしていて外観やエントランスも仕事でお客さんを呼ぶにもみすぼらしくない。設備的には古さを感じるが、インドや東南アジアで一泊数百円の水シャワーしかない宿で旅してきたことを考えればお湯も出るし天国のようだ(笑)

     ひとつ面白いサイトを紹介しよう。

    ■東京R不動産■

     このサイトでは独自の視点で物件を取り上げ、「眺望GOOD」「水辺・緑」「withペット」「改装OK」「天井が高い」「デザイナーズ」「倉庫っぽい」「屋上・バルコニー」などとカテゴリー分けして普通の物件では満足いかない人のために面白い物件を取り上げている。
     ほとんどの物件は即予約が入ってしまい、実際に入居するというのは困難かもしれないが、不動産探しの新たな視点を提供してくれる。


     仕事で順調に業績を上げて行ければ2−4年毎に引越したいと思っている。その前にこの周辺のうまい店を制覇しなくてはならない!!

    CULTURE | permalink | comments(13) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    いまさらのコメント、ごめんなさい。。

    大学生の頃、小平に3年暮らしたけど
    月1で船橋の実家にかえるたび、うっすらと香る海のにおいを敏感に感じたな〜。
    そしてほっとしている自分を再発見しました。
    最近家を探すときは、
    海は難しくても大きな緑のある公園、水の近くを条件に探してます。
    これも目の前に大きな公園があるからだなあ・・・。

    いや==おっしゃるとおり、
    育った環境が与える影響は根強く深く体に沁みこむものです。
    はままき | 2006/03/30 12:51 PM
    新たな一歩に乾杯。おめでとう。環境って大事だと思うよ 同感。まして自宅兼仕事場だったらなおさらだね。今後の成功を祈ってるよ!お互いインフルエンザには気をつけましょう。
    末木宏平 | 2005/12/03 5:49 PM
    っていうか、エージロー久しぶり(笑)
    かずぅ | 2005/11/22 1:04 AM
    都内で気に入ったところが見つかってよかったね。
    会社が近いし今度寄らせてもらうよ。
    エージロー | 2005/11/21 11:25 PM
    川和のみなさんにも大々的にお披露目会をしたいんだけど、まだ家具も揃っていなくて飲み食いする机もない状態だから、たくさんは呼べないんだ せいぜい5,6人かな〜
    会社帰りでもふらっと遊びに来てくれる分には大歓迎なので連絡してみてください。
    夜飯作ってる日だったら軽く振る舞いますよ(^^)
    じゅんぺい | 2005/11/21 2:16 AM
    いい物件が見つかってよかったねぇ。オメデト!
    実家組のワタシには大変ためになるお話でした。

    お部屋(事務所)探しってやっぱり大変そうですね。
    「東京R不動産」ぜひ参考にさせていただきます♪
    かしちゃん | 2005/11/20 1:32 PM
    引越し&事務所開設オメデトウ〜!!

    「自分の育った環境が与える影響の大きさ・・・」の意見に共感。私はそれを舐めてかかって気い狂いそうになりました。
    家と家が密集してて、どこの道も狭くて、どこ見ても定規で書いたような景色しか見えなくて、・・・ううー、辛かった!!
    初めてなのに、それがわかってる、ってすごいわぁ。
    池さん | 2005/11/18 4:06 PM
    新生活おめでとう。
    私も東京R不動産は好きで良く見てるよ。
    まめにチェックしてると内見くらいまではこぎつけることができます(実際一回、面白一軒屋を見に行った)。

    しかし、いい条件だね。
    部屋探すときは、だいたい同じような条件考えちゃうのは実家の環境が根っこにあるからというのには納得だわ。
    私も風の通る家に住みたい。
    そのうちお邪魔したいです。私も呼んでね☆
    ツチヤン | 2005/11/18 11:05 AM
    よかったねぇ(^0^)
    今度、呼んでね☆
    かずぅ | 2005/11/18 12:17 AM
    みなさんコメントありがとう
    住む場所によって人種も変わるからね〜
    今まで横浜の山の中でのほほんと暮らしていたのがよく分かる(笑)
    でも環境から受ける刺激が多いと、自分で刺激を作ることをしなくなりそう。そのバランスをうまく取っていくのがポイントになりそうかな。
    じゅんぺい | 2005/11/18 12:11 AM
    住む場所って重要だよね〜。
    生活がそれでだいぶ変わる。。

    サワイ | 2005/11/17 11:48 PM
    おめでとう。。
    ナカツカ | 2005/11/17 9:19 PM
    あの夜、ホントは行ってみたかったのですけど・・・。
    色んな建物見てるじゅんぺいさんですから☆
    新居周辺の食生活、エンジョイしてください!!
    kimi | 2005/11/17 8:54 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://jpo.arch-i-tect.com/trackback/376414
    この記事に対するトラックバック