こころとからだの建築家BLOG

住まいの統合医療で50兆円にせまる医療介護費を半減させる!!
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 寝返り | main | センスとは?? >>

Googleニュース のカスタマイズ

0
     インターネットのニュースは多くの人が見ていると思うが、どういう使い方をしているのだろうか?Yahooニュースなどはトップの画面にニュースが表示されるので、Yahooをポータルサイトにしているかなりの人が見てるのではないかと思う。

     以前にRSSに対応した“NewsGlue”の試用版を使っていたのだが、ソフトを立ち上げるの一手間が案外面倒で、大量の記事を捌ききれずに溜まっていく一方だったので、試用期間が過ぎ、機能が制限されてから使わなくなってしまった。

     そして今回試してみたのが、グーグルニュースだ。ひらめき
    以前はカスタマイズができなかったので、Yahooから乗り換える必要がなかったのだが、カスタマイズ機能を使うことによって、使い勝手が格段によくなった。!

     既存の経済・国際・社会・スポーツなどの項目に加えて、自分でセクションを追加し、キーワード設定ができるようになっている。これがかなり有効で、たとえば私は
    【建築 OR 建材 OR インテリア】
    【ファッション OR 服飾 OR 衣服 OR 布 OR テキスタイル】
    【デザイン OR デザイナー】
    【アート OR 美術】
    【ベンチャー OR 起業 OR SOHO】

    などと5つのカテゴリーに分類し、興味あるキーワードを入れてみた。610以上のサイトからの最新ニュースを収集・検索してくるので、自分の興味ある記事を探す手間が省けるし、今まで見た事のないようなマイナーサイトの情報もキャッチする事ができた。各項目事に9つの記事まで1頁に表示され、さらに1ヶ月前までの関連記事を見る事ができる。通常のニュースに加え、専門的な情報もカスタマイズによって得る事ができるとなれば、情報の質もニーズにあったものになってくる。

     今やビジネスマンにとって日経新聞を読んでいる事は常識ではあっても、メリットにはならない。あまり知られていない独自のニュースソースを持ってこそ、他者との差別化がはかれる。このツールをうまくカスタマイズすれば、多少は人と違ったニュースを仕入れる事ができるだろう。ここでは一般のニュースセクションは削除してしまって、カスタマイズしたセクションのみで完結するのもひとつの手だ。一般的なニュースはほかでいくらでも見つかるのだから。

     このカスタマイズで今後はグーグルニュースに移行しようと思っている。みなさんも是非おためしあれグッドほかにいいものを知っていたら教えて下さいねおはな
    NEWS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://jpo.arch-i-tect.com/trackback/192857
    この記事に対するトラックバック