こころとからだの建築家BLOG

住まいの統合医療で50兆円にせまる医療介護費を半減させる!!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初のアフィリエイト収入 | main | 京の都−『陰影礼賛』の世界 >>

花見ならぬ、ブルーシート見でよいのか??

0
     先週末の桃見に始まって、今週は千鳥ヶ淵・靖国神社、上野公園、砧公園。来週は目黒川、京都、奈良・吉野とまさに桜づくしのこの2週間。日本人の期間限定モノ好きは桜や季節のありがたみを知っている影響なのかもしれない。

     この時期の上野公園はいつもとは違うが、ある意味そう変わらないと言っていい。この公園には多くのホームレスの人々が住んでいる。都市ではカラスがワイヤーハンガーを使って巣を作るように、彼等は都市からでた段ボールとブルーシートで居場所を作り出す。そのブルーシートはホームレスホームの代名詞となっているのだが、このシートも国や都市によって色が違う。興味深い事例を挙げるとインドネシアでこのシートはオレンジ色。そしてかつてオランダの植民地でありオランダのナショナルカラーはオレンジだ。これがベトナムではシート色がトリコロールとなり、ここはフランスの植民地。フランスの国旗はまさにトリコロールである。偶然の一致かもしれないが、こうした色とマテリアルの色の関係には興味深い事例がいくつかある。


     薄ピンクの桜色は、日本特有といっても言い。この時期は桜色のニットをいつも着ている。毎年素晴らしい花を咲かせる桜に敬意を表し、桜の咲く素晴らしい空間を乱さないための自己満足的な配慮なのだが、こうした事をしても現実にはほとんど意味をなさないくらい桜の空間は乱される。その一番の悪役こそあのブルーシートなのだ。儚い薄ピンク色の桜の色彩を楽しむにはあまりにも彩度と光沢が強すぎる。あのどぎついブルーと薄ピンクの桜の色合わせが本当に綺麗だと思っている人が何人いるだろうか?おそらくそんな事は全く考えてもいないのだろう。安価で手に入りやすく、大面積を覆えるモノという理由だけであのブルーシートが使われる。先日の上野公園もほぼ全ての桜の下が花見の席取り用に敷かれている。これではもはや花見とは言い難い。目に入ってくるのは全てどぎついブルーのシートなのだ。こうした空間を当たり前だと思ってしまえばそれまでだ。当たり前だと思っている空間にこそ、改善を要するモノが多くある。幼少期からこうした当たり前の空間を体験していれば、そこにいても何の違和感も感じなくなる。これでは子供が成長したときの色彩感覚が豊かなモノになるとはとても思えない。

     ちょっとした心の余裕。生活を楽しむ術。多少お金がかかってもいい空間を体験するというような思考はまだまだ少ない。

     サッカー日本代表のユニフォームはブルーだ。多少ブルーシートとは色味が違うが、ジャパンブルーと桜はもしかしたら日本のナショナルカラーになってしまっているのかもしれない。こんな事を憂慮するのは僕だけなのだろうか?少し自信がなくなってきた。




    PS 花見でシートを用意して頂いた皆さんには失礼な事を書いてしまいましたが、お許し下さい。来年も持ってきて下さいね(^^)
    CULTURE | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

     返信ありがとうございます。確かにすぐ研究テーマが見つかるようでは誰かがやっていると思いますので、いろいろと考えてみたいと思います。もしかしたら、研究されてる方がいるかもしれませんが、現在は、様々な地域・時代の衣服と建築の関係性を研究したいと思っています。どのような服を着ている人が、どのような建物に住んでいるのか。様々な地域・時代の衣服と建築の関係を調査していくことで、和服と日本家屋、洋服と洋風住宅がなぜマッチしているのか調和しているのかなど、新たな発見が出てきたらと考えています。
    キシダ | 2005/05/06 3:53 AM
    >shizu
    天然素材ならブルーシートみたいには浮かないでしょうね。

    >キシダさん
    今までに研究されていない分野を研究するのは大変だけどやりがいのあることです。その分人の何倍も勉強しなくてはいけないでしょう。テーマはそう簡単には見つからないと思います。簡単に見つかるようなものなら誰かがやっているでしょうしね。好きなだけではなにも見つからないでしょうし、材料も何もない段階では相談にも乗れないのでいろいろ勉強してきっかけになりそうな方向性をいろいろ考えてみて下さい。私の修士論文もそのきっかけ程度にはなると思いますので。
    じゅんぺい | 2005/04/23 2:59 AM
    はじめまして、私、明治大学理工学部建築学科建築構法計画研究室4年の岸田天と申します。全然、ブルーシートのお話とは関係なくて悪いのですが、現在私は、卒論のテーマを模索中で、私は私の趣味であるファッションと建築で何か研究ができないかと考えておりまして、インターネットでいろいろと探しておりましたら、このサイトを大野純平さんに出会いました。そして、明治大学の書庫にありました修士論文「衣服と建築にみる’身体を被覆する’ということに関する研究」を拝見しました。とても、面白く、興味のある論文で、衣服と建築に関する研究をしている人が、まさか明治大学の先輩でいるとは思わず驚きました。私も、何か衣服と建築でなにかやりたいとは、思っているのですが、実際、何を研究のテーマとしていいのかわからず、大変悩んでおります。なので、もしよかったら、お仕事のこと、考えなど、いろいろとお話を聞きたいので、よろしければ連絡を下さると嬉しいです。長々とすいませんでした。是非、よろしくお願い致します。
    キシダ | 2005/04/18 4:30 PM
    ブルーシートでなければどんなものがいいのか、考えてみました。畳状の物、フローリング状の物・・他にも色彩や素材で色々ありますが敷き詰めちゃえば結局みな同じで桜の色は映えないでしょうね。花見の盛んな所は宴会場と化しているので、桜の優美な雰囲気とのちぐはぐさを楽しんでいるのかも・・桜色の服は確かにこの時期着たくなります。薄いピンクは着ていると女性にとっては安心感もあります
    shizu | 2005/04/17 10:55 PM
    ちなみに上の写真は俺らの花見じゃなくて、上野で撮ったものです。上野はどこ撮ってもこんな感じでブルーシートで埋め尽くされています。
    じゅんぺい | 2005/04/12 2:54 AM
    規模の大きい花見だったんですね。
    ↑写真のブルーシートは、確かに巨大で桜よりブルーが勝ってますね。
    しかし、今週は京都、奈良・吉野まで桜を追い掛けるとはすごい。
    そちらの桜の写真も是非見せて欲しいです。
    私は、東北の桜も見てみたいなぁ。
    ビッケ | 2005/04/11 10:04 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://jpo.arch-i-tect.com/trackback/131569
    この記事に対するトラックバック